「歩行レコーダー」の撮影動画サンプル動画



☆道路工事現場付近を白杖歩行していて、誘導員の怠慢により工事車両に激突!その瞬間と、その後の警察官の納得いかない発言を動画撮影しています。
激突の瞬間を捉えた動画はこちらです、下記の撮影状況説明文の下に警察官の納得いかない説明の動画のリンクがあります。

撮影状況は、2020ねん4月9日 午前、TN19(ガン・ショルダーホルスター型鞄)を装着し、そのショルダーベルト前面に「歩行レコーダー」をくっつけて撮影したものです。
行きつけの喫茶店からの帰り道で、兵庫県の発注した道路工事が行われている国道沿いで白杖歩行をしていて事故は起こりました。
工事の管轄は豊岡市土木事務所で、元受は株式会社 吉岡建設で、この会社と契約している豊岡警備保障が警備を担当しています。
事故の状況は次の通りです。

白杖歩行中に駐車禁止場所の路肩に停止している工事車両にぶつかり怪我を負いました。
その道路工事は株式会社 吉岡建設の下請け業者が行っていました。
工事に際して業者は警察より道路使用許可認可をきちんと受けていました。
よって、この場所に工事車両を止める事は違法ではありません。
そして、安全対策により法に定められた必要な警備員を配置していました。
にもかかわらず事故は起こりました。
豊岡警備保障の仕事は大丈夫なのだろうか?
今回、実際に障碍者の人がけがを負い、未だ会社として公式な謝罪もなく、いいかげんな仕事をしているのではないかと感じるのは私だけでしょうか?
一般の人だけでなく、障害者(視覚障害者・車椅子の方)やベビーカーを引いた人やお年寄りにとっても、この会社の警備している現場付近の通行は危なくないのだろうかと心配してしまいます。
本来、警備員は周囲の状況に気を配り、歩行者がいればその暗線を確保し、必要に応じて誘導するなどしなければなりません。
(元受の担当者もその認識はあり、警備員は通行車両の誘導だけでなく歩行者の誘導や安全にも気を配るのは当然だと言っています)
そんな中、事故が起こりました。

上記の足立警察官動画の撮影状況説明文を記載致します。
「豊岡南警察 足立警察官の発言はこちらです」
この後、現場に豊岡南警察の足立警察官がやってきました。
その時の警察官の発言は、私には納得しにくいものでした。
平たくいうと、健常者を引き合いに出し健常者だろうと障害者だろうと、気をつけて歩かずぶつかった者が悪いという趣旨の発言をしました。
その時引き合いに出した例が、酔っ払いが自ら看板に当たったという話です。 私は酔ってはいませんし看板に当たったのでもありません、警備員が必要とされるような危険な場所を歩いていて、警備員が業務怠慢をし 歩行者の危険回避の為の誘導がなかったためにけがをしたのです。
視覚障害者も怪我はしたくないので、それなりに注意を払い歩行していますが、見えてる分けではありません。
いくら注意していてもぶつかるという事はありえます。
ましてや、今回の場合の打撲は膝より高い位置にあった荷台の後ろ枠が水平になっている場所です。
斜めについている白杖では路面の状態はある程度把握出来ても膝より高い部分に突き出した障害物を知るのは難しいです。
また、この足立警官は白杖歩行をしている人は皆きちんと歩行訓練を受けていて障害物を把握できる技術がある旨の発言をしています。
それは とんでもない誤解です。
(容量の都合上、アップした動画にはその部分は抜けていますが、個人的に申し出て頂ければその動画をお見せ出来ます)
だから、ぶつかったのは気をつけて歩いていなかった視覚障害者に過失があるがごとくの発言をしています。
また、足立警察官の話では、警備員は車の誘導が仕事であり、歩行者の誘導や安全に関する事は仕事ではない旨の発言(認識)をしています。
本当に警察官なのかと疑いたくなります。
もうちょっと勉強しておけよと言いたくなりましたがこらえました。
実は、ここでは警備員と書きましたが正式には「交通誘導員」と言います。
交通誘導員とは、工事現場などで、各種車両と歩行者が安全に通行できるよう、配置される人とあります。
ですから車両の誘導だけでなく、歩行者の安全に気を配り、状況によっては歩行者を誘導するという事も仕事に含まれます。
豊岡南警察署の足立警官の認識は明らかに間違っていますし、今回の事故は豊岡警備保障の交通誘導員の業務怠慢が招いた事と言えます。
ちなみに、警察は民事という事で、そのまま引き揚げていきました。
みなさんはどう思われますか?

この程度の事故やトラブルは見えない視覚障害者が外出すれば日常茶飯事ですが、もっと大きな事故やトラブルの場合は、警察や裁判官が見えない者のいう事を信じてくれるでしょうか?
相手からこの人がぶつかって来たとか、この人が飛び出して来たと、被害者なのに加害者扱いされる場合もあるかも知れません。
また、警察官や役人や医者や経営者や店員や先生と呼ばれる人などの中には不適切な対応や言論や差別的発言や名誉棄損にあたるような事を平気でいう人もいます。
何の証拠もなければ言った言わないの水掛け論となりますし、認めさす事は出来ませんし、証拠がない事でこちらが不利になったりクレイマー扱いされたりする事もあります。
自分が不利益を負ったり加害者にならないためにも、自分の正当性を証明するためにも証拠となるものが必要です。
いざという時のために、視覚障害者は外出時には歩行レコーダーを身に着けておく事は有効な事だと思います。

PS:
この動画のネット公開・今回のやりとりについては、道路工事を発注した豊岡土木事務所の道路第二 課長である大石さん、現場に駆け付けた豊岡南警察の足立警察官のより同意をえています。
また、同意を得た時の音声と動画もあるので、それを証明する事も出来ます。


「歩行レコーダー」で撮影した動画がどんなものか、ここでサンプル動画を見て(聞いて)頂けます。
撮影場所は4月初旬の午前、行きつけの喫茶店から帰る途中から撮影開始し家の前に到着するまでの3分弱の白杖歩行している動画です。
スタートは閑散とした商店街から始まり、その後 商店街を抜けて国道沿いを歩いています。
撮影状況は、TN19(ガン・ショルダーホルスター型鞄)を装着し、そのショルダーベルト前面に「歩行レコーダー」をくっつけて撮影したものです。









Copyright (C) 2020 日本障害者ソフト