HTML> お試し版 ダウンロードページ



お試し版 ダウンロードページ



☆「スペースインベーダー フォーブラインド」のデモ&お試し版はこちらです。

☆「出納の術 Ver2」の機能制限付きお試し版はこちらです
制限内容→
最大データ登録件数25件+使用期限30日
ただし、一括登録したような場合、三療カルテ Ver2.1以上から入力したような場合は一度に複数件登録されるので、25件を超える場合がありますが、一回越えてしまえば、次回からは追加できません。
また、機能制限付きお試し版は出納の術 Ver1と共存出来ますので、使用するに当たり出納の術 Ver1を削除する必要はありません。

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、その中のホルダの中にある「出納の術Ver2.0.10.msi」でエンターキーをおして下さい。
するとインストールが始まりますが、すぐに動きが止まります(パソコンの環境によっては5秒ぐらいかかる事もございます)ので、そこで再度エンターキーをおすとインストール終了までの動きを行います。
インストールが終わった時点でエンターキーをおすと元の画面にもどります。
「出納の術Ver2.0.10.msi」でエンターキーをおすと、お使いのパソコンの環境によっては「発行元が確認出来ませんでした」などのメッセージが出る場合もあります。
この場合は、タブキーで「実行」項目まで移動しエンターキーをおして下さい。
するとインストールが始まりますが、すぐに動きが止まります(パソコンの環境によっては5秒ぐらいかかる事もございます)ので、そこで再度エンターキーをおすとインストール終了までの動きを行います。
インストールが終わった時点でエンターキーをおすと元の画面にもどります。
きちんとインストール出来たかどうかは、インストール終了後に全てのプログラムの中のJHSの中に出納の術 Ver2があればOKです。
もしあれば、そこでエンターキーをおしてみて下さい、すると出納の術 Ver2が起動します。
出納の術 Ver2インストール後、初めての起動時のみ「ファイルが見つかりません」のメッセージが出ますが、ここでエンターキーをおして出納の術 Ver2を起動させます。
これは、出納の術 Ver2起動時に参照するデータファイルがまだ存在しないために出るメッセージです。
出納の術 Ver2が起動したら、ファイルメニュー→新規作成 で新しくデータファイルを作成する事でデータの登録など行えるようになります。
次回 起動時からは、前回参照していたデータファイルを呼び込み起動しますので「ファイルが見つかりません」のメッセージは現れなくなります。

ご注意→
ファイルメニュー→開く で出納の術 Ver1のデータファイルを指定しないで下さい、出納の術 Ver1のデータはそのままでは出納の術 Ver2では認識しません。
機能制限付きお試し版は、あくまで使用制限内で新規にデータファイルの作成やデータの登録などしてお試しして頂くものです。


☆「三療カルテ Ver4」の機能制限付きお試し版はこちらです
制限内容→
三療カルテ Ver4と診療予約 Ver4の使用制限は、最大データ登録件数5件・印刷関係と思うツボ Ver4の無効となっています。

さて、具体的な三療カルテ Ver4 機能制限付きお試し版の導入手順ですが・・・
ダウンロードしたzipファイルを解凍し、その中のホルダの中にある「三療カルテVer4インストーラメニュー.exe」でエンターキーをおします。
タブキーをおして処理メニューに移動し、上下カーソルキーで「サーバー版とクライアント版の両方をインストールするに移動します。
そして「実行」項目でエンターキーをおします。
「サーバー版とクライアント版の両方のインストーラーを起動します よろしいですか?」とガイドが出るのでエンターキーをおします。
最初に「三療カルテ サーバー Ver4」のインストールが始まります。
次に使用許諾契約書に同意するかどうかの項目でスペースキーを使ってチェックを付けて、「インストール」項目でエンターキーをおします。
すると三療カルテ サーバー Ver4のインストールが始まり すぐに終わります
終わったらエンターキーをおします。
今度は「三療カルテ クライアント Ver4」のインストール画面になります。
次に使用許諾契約書に同意するかどうかの項目でスペースキーを使ってチェックを付けて、「インストール」項目でエンターキーをおします。
すると三療カルテ クライアント Ver4のインストールが始まり すぐに終わります
終わったらエンターキーをおします。

きちんとインストール出来たかどうかは、インストール終了後に全てのプログラムの中に「三療カルテ Ver4」が存在している事で確認出来ます。

三療カルテ Ver4を使うには、最初に全てのプログラムの中の「三療カルテ Ver4」の中の「三療カルテ サーバー Ver4」を起動させます。
三療カルテ サーバー Ver4インストール後 初めての起動時のみ、データ保存先ホルダ設定画面が出ますが、一度設定すれば次回起動時からは現れません。
この、データ保存先ホルダ設定画面ではデータを新しく作成するか、既存データを読み込むかを選択しますが、三療カルテ1や三療カルテ2や三療カルテ3をご使用されていた方も含めて、新規にデータ作成するの方を選んでおいて下さい。
なぜならば、そのままでは三療カルテ3のカルテデータは三療カルテ Ver4では認識されないからです。
データ保存先ホルダ設定はファイルメニューの「新規作成」でおこないます。
データ保存先ホルダ設定が完了したら、「開始」ボタンをおして「状態」覧を「動作中」にします。
次に、全てのプログラムの中の「三療カルテ Ver4」の中の「三療カルテ Ver4」を起動させます。

即ち、三療カルテ Ver4を使うには「三療カルテ サーバー Ver4」と「三療カルテ Ver4」の二つのソフトをこの順番で起動させて使う事になります。
二つを起動させた後、カルテデータの登録や変更削除などは「三療カルテ Ver4」で行います。
それらのデータの保存は「三療カルテ サーバー Ver4」となります。
詳しくはヘルプを参照下さい。

ご注意↓
・三療カルテ Ver3 のデータをそのまま流用する事は出来ません。
三療カルテ Ver3 のデータを流用する際には、三療カルテ Ver4 の「バージョン3データコンバート」機能を使って三療カルテ Ver4 で使用出来るデータ形式に変換してお使い下さい。
また、この「バージョン3データコンバート」機能(バージョン3データをコンバージョン)は、全ての三療カルテ Ver3データを変換出来る事を保証しているものではありません。
元データである三療カルテ Ver3データの状況によっては変換出来ない場合もございます。






(御注意)

○日本障害者ソフトとしては公式にはお試し版のサポートは行っておりませんが、JHS−ML(無料)にてお試版や製品版の情報交換などして頂けますので、そちらをご活用下さい。
○お験し版の使用に当たって生じた全ての問題に関して、弊社では一切何等保証するものではありません。
○配布転載はフリーですが、上記の ご注意 の内容を必ず表記するか、または使われる方にお知らせ下さい。





前のページに戻るトップページに戻る




Copyright (C) 2003 日本障害者ソフト